スポンサーサイト

  • 2012.11.12 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


絶賛こがされ中

JUGEMテーマ:

あと2カ月もしないうちに2012もさよならなんて…あまりの時間の早さに打ちひしがれる毎日。そしてこれからの年末もっと早く過ぎてしまう予感大。なんか日々忙しくてまさかのデビュー記念日に記事UPできなかったという…。ツイッターでお祝いしたから許してくれよ。14年目も変わらずに、5人で楽しくしてくれれば何も言うことはないですほんとに。

アラフェスから待ちわびてたアルバムもドロップしてから2週間経とうとしてますね…!ほぼ毎日聞いてるのでけっこう覚えてきてます。個性強い曲ばかりだから最初はちょっとヘビーだわって思ってたけど、聞けば聞くほど癖になっちゃう…!って感じ。駆け抜けろ、旅は続くよ、Uptoyouとか好きですね。ソロは毎回見事なバラエティ感に感動するけど、今回も例外なくでしたね。曲としてはtwoに心つかまれたな。あれ、なんかすごい好きです。ポプコンで聴けるのが楽しみですね。だって今週からツアースタートだなんて…!!アルバム聞きながらポップコーンはじけるまで焦がされている感覚ww
セトリや演出ももちろんだけど、今回はグッズもすごく楽しみ。だってPopcornだよ…なんかシュールなのぶっこんでこないかなと期待してます(笑)

話は変わりますが、来週のにのあいハウスWith井上真央ちゃん!!!!!!という ネ申回が楽しみすぎて。にのあい干されなくてよかったよ…!w
続きを読む >>

アラフェス0920〜まるに

JUGEMテーマ:
アラフェス20日、MC明けからアンコールまでのレポ。
―――――――――――――――――――――――
俺フェスと題して嵐メンがS「これ歌わせろっ!」ってやつを選曲。出来レースなくじ引きの末(←)潤くんが推すGreenと林家さんが推すヘイヘイラビニュに(笑)
◇Green
ドリアラが懐かしく蘇る。

◇HeyHeyLovin’you
間奏で翔さんが英語で煽ってて、すごいイケメンだった。

◇Gimmick Game(二宮ソロ)
もうヘイヘイの途中でいなくなってからそわそわそわそわそわ…何でくるの、セクシーなの?キュートなの?できればセクシーで!!!って一人祈ってた私。イントロ流れた瞬間……ひゃぁああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!興奮しすぎて腰抜かして、自分の席に尻もちつくという失態w後ろの方に「大丈夫ですか?」と心配される始末wwいや、ほんと今の二宮さんのギミックが聞きたかったし見たかったの。だから二宮さんがイケメン・エロすぎての興奮と、好きな気持ちが溢れだして号泣w ドリアラと衣装同じで演出もほぼ一緒なのだけど、金髪なのとちょっと肌が黒いのがまた違う雰囲気醸し出してる。威圧的というか、支配的というか…。首筋に手そえるだけでエロいってなんなの!!そんなのずるいっ!!! 最後、舐めた指でなぞるとこなんか鳥肌ね。自分がなぞられてる感覚ひゃあああああああ← 声のしぼり方とか目の表情、一つ一つの仕草、全部完璧。もうほんと一生消えない爪痕残されたよ、5分くらいの間に。これが見れただけで…! このギミックだけで…! はあああ…!!

◇Rain(大野ソロ)映像嵐
最初ギミックを引きずってあんまり見れなかったごめん、リーダーwでも間奏明けの静寂、からの美しすぎる声にしびれた。あの人すげえなまじで。息をのむもんね、見てて。後半のスクリーンには嵐メン出てきて、踊ったり、切なげな表情したり。ギミックであんなに興奮してたのがだんだん落ち着いて、終わるころには大野智の世界に浸ってた…と、思う…← 順番がちょっと、ちょっと悪かっただけ。リーダーのパフォーマンスは間違いなくすばらしかったです!!

◇DJ×MJ
yabai-yabai-yabaiのアレンジから始まって、そのまま自分のソロなのかと思ったらまさかのメンバー詰め込みw隊長のソロはないんですかー!ってちょっとさみしかったけど、潤くんがとても楽しそうだったのでそれはそれでよかったのかな。
ARASHI・We can・ムテキ・ビリーブのリミックスのとき、スクリーンのDJ潤の手がちょっと震えてて可愛かったw
 ・Magicalsong
 今回は帽子にも電飾つき!!グレードUPしたヒェエエエエエエエ!!!
 ・大宮SKOSHI
 デタぁぁぁぁァァァァァァァ!!!生きる伝説!!!!!大 宮 S K!!!!!10人組になって復活(笑)衣装とっててくれた衣装さんありがとう。だって案外高額なのよね、あの衣装確かw本人たちも絶好調に外れてますwwwみこしまつりみこしぃ〜まぁつりだぁよぉ〜♪おおみやえすこしっ!!おおみやえすこしっ!!スクリーンでガリバーZXポーズが見れてうひょぉぉぉお!ってなってたの周りで私くらいですwてか、この文章伝わる人どんだけいるんだろ(笑)とにかくね、まだ生きててくれてほんとによかった←トークなかったからシュールが足りない気もするけど、これがきっと限界だったのだろうと思うw
 ・Re(mark)able
 翔さんのラップ祭り!!DJ潤と絡みつつの距離感がたまらなく翔潤w
   
◇La tolmenta2004
トルメンタすきー!ここぞとばかりに名前呼ぶ!!相葉さんがにのちゃんの歌詞歌えなくてごにょごにょしてたら、にのちゃん目見開いて「エぇーうそー」みたいな顔するから相葉さん苦笑いwにのあーーい!!うふふ

◇時計じかけのアンブレラ
嵐メンはすごい真面目に踊ってんだけど、なんか振り付けがおもしろかったwいや、かっこいいんだけど、なんかおもしろいの(笑) 振り付けとかリハで絶対ふざけてると思うんだけどな〜にの翔とかwラップ隊長は絶好調超です! 「あぁもうダメぇ〜ん」をみんなレスポンスしてて、それも含めてなんかおもしろい曲だったwでもひとつ。キスの瞬間〜♪のとこでにのちゃんが人差し指をくちびるに当てるっていう確信犯的行為をしたもんで、結局もってかれますな彼に。そしてこれがかかったてことはスパイラルはやらないなと確信した…。あぁ…もうダメぇ〜ん

映像の後、メインステ上部からオーケストラ登場。白の羽根がふわふわしてる王子衣装!!これぞアイドル!!
◇One Love(オーケストラ)
オケの演奏がすごいハッピーな雰囲気出してくれてて、曲調が極端に違うわけじゃないんだけど、生演奏のすごさだなと。王子が私を迎えにきてくれた☆みたいな、誰が見てもイタイ子な目をしてたと思うけど、あの空間ではみんなそうだったよきっと!!

◇Truth(オーケストラ・バラードver )
鳥 肌 。ガシガシダンスも王子衣装着てることでふわっと見せるところもあって、歌番組の黒衣装とはまったく逆の印象。この曲の孤独な部分とか、弱い部分が表に出てくる感じがしたかな。もう一度じっくり見たい。

◇5×10
ごてん時のありがとう〜♪後のためはなし。こちらこそ本当にありがとう。

シングルトップ10紹介映像

◇Face Down(シングル1位)
1位曲名発表なくイントロで正解発表みたいな感じ。イントロまでちょっと間があって、7万人がシ――ンとして、イントロかかったときの歓声がすごかった!黒とゴールドのギラギラ衣装。特効もありで攻め嵐!!!!!めっちゃかっこいいい!! にのちゃんの影も残さずにEscape〜♪のEscapeのとき、後ろに上体反りつつ歌ってて、喉仏とか汗の滴りとか髪の動きがふぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉお!!だったね。それがね、スッキリでちらっと映ってて大興奮。さすが1位です。

◇迷宮ラブソング
まさかのお手振りだったけどー(笑)目の前花道は相葉さん。さらさらだった髪の毛がびちょびちょになってて、あ、やっといつもの相葉さんだって思った記憶w笑顔にキュン

◇Oh!yeah
ここまで5人だけで踊って盛り上げてきた嵐メン。さらにここでもってくるかー!体力あるね!まだまだイケるね!!って腕をぶんぶん(笑)オレンジのペンラが一斉に同じ方向に揺れる風景がいいな〜って。嬉しい楽しい大好き!!

◇ハダシの未来
聖火前ステージへ。安定の、にの翔ヲタ芸。

◇A-RA-SHI
聖火前からバクステへ。イントロかかったときの妙な安心感w

◆あいさつ
これも省略wでもひとつ。にのちゃんが大宮について「どうしてもやりたくてっ、でも怒られるとわかっててっ、」てのが超絶可愛くて…。「あつがやりたいって言ったんすよ」O「やめろよ、ふたりで決めただろ」のやりとりももうなんか、まるっとしたい。事務所の人、どうか彼らを自由にしてやってください。

◇感謝カンゲキ雨嵐(AAAアジアのアレンジver)
このアレンジ超好きで、まさかやるとは1ミリも思ってなかったから嬉しかったー!逆輸入的なwやっと日本語で聴けて、すごい心に染みた。ただね、ムービングね、大宮とMASに分かれたんだ。上手側MASだったんだ。かーーーーーーず!!!!!!なんでそっちなのおぉぉぉぉぉお!!涙ちょろり〜

◆重大発表 アルバム・ツアー発表
会場のどよめきwそしてこの後嵐メンは一切このことに触れないというねw

―アンコール1―
ピンクのスーツ、それぞれ微妙に色が違くてかわいい。
◇証
力強い嵐さんの歌声。国立っていう場所に相まって、感動。嵐が今まで積み上げてきた証。

◇言葉より大切なもの
O「ここにはーー?」あるからぁぁぁぁぁぁぁあ!!!最高!!

◇Love so sweet
花道のリフタ―、目の前潤くん。か、かずは…。。。 潤くんがスターだったまじで!!百年さきも〜♪目の前で拝めて幸せ。花火も上がって。嵐みたいけど、花火も見たい!どっちも見たいという小さな葛藤w嵐メンも花火見てたから一緒に見る疑似花火デートww

◇サクラ咲ケ
会場のレスポンスの揃い具合に感動した。翔さんが誰にも触れられなかったけど一人で必死にキョンシ―してたw

―アンコール2―
◇EYES WITH DELIGHT
ツアーT。タオル巻きにの。最後にコアなやつもってくるあたり隙がないっす! フリ完璧に覚えてる自分、どんだけ。何度観たことか、ソロアングルカメラでw ここでも前後に重なって左右交互に揺れる末ズ。潤くんには甘いにのちゃんだからねひょおおおお!

気をつけて帰ってねー!帰るまでがアラフェスだぞー!ってことでバイバイ。


アラフェス0920〜まるいち

JUGEMテーマ:

20日、OPからトーク(雑誌WS取材)までのレポです。
贔屓目悪しからず←
席は千駄ヶ谷門24ゲートの前から5列目でした。(舞台上手側)
――――――――――――――――――――――――

◇OP映像
この始まりの歓声が大好きでいつも鳥肌。でも嵐メンの映像一切ないのが残念。一人ずつ名前叫ぶの楽しみにしてたのに…。映像自体はCDTVのMCキャラみたいな動きの女の子がアラフェスの曲投票するところから会場に行くまでの流れを再現したもの。

映像終わりでオレンジの風船、その後メンバーカラ―の風船が舞い上がる。
花道のバルーンがクレーンで上昇、バルーンが割れて嵐メン登場!!!!!
目の前は翔さん!!!!!近いーーーー!!!!!いけめーーーーーん!!!!!輝いてて眩しいーー!!!!!
他メンは遠くてよくわかんないけど、にのちゃんがドストライクな感じということは一瞬で確認。

◇Happiness
衣装は黄色スーツでカラ―シャツ。とりあえず翔ちゃんが眩しくてその記憶しかないw光を放ってたね、あの人。クレーンが360度回転するんだけど、ここも人力っていうのがおもしろかったwスタッフさんありがとう。頭上を翔さんが皇族のお手振りで幸せを振りまいていく…

◇五里夢中
ここできたかーー!って思った記憶。クレーン降りてセンターへ。レスポンス揃ってるしみんな歌ってて超楽しい!!!

◇carnival night part2(FESTIVAL ver)
キタキタキタキターーーーー!!!そんでフェスティバルバージョン!!!最初わからずでいつも通り「C・A・R・N・I・V・A・Lナイト!」ってやってたけど、なんか嵐メンと合わない?って思ったらスクリーンにガッツリ「FESTIVAL」ででてたというw歌詞のカーニバルのところを全部フェスティバルにしてるから語呂がよくないとこもあったりして、おもしろかったw

リフタ―に乗るとき、相葉さんが違うところに乗りこもうとしてて、気づいたスタッフさんに違う違う!って手で×されてて、苦笑いがとても愛くるしい相葉さん♪
嵐メン一人ずつ恒例のあいさつ

◇Love Rainbow
目の前のリフタ―相葉さん。髪さらさらで顔ちっちゃいし、くしゃくしゃの笑顔がもうね、(察してくださいw)

◇Step and Go
ジャケット脱いでカラ―シャツ。センターでガッツリダンス。


アニメ嵐がアラフェスの趣旨説明みたいなのをわちゃわちゃしゃべる映像
(相葉さんボビーのモノマネしてたような…)

◇ワイルドアットハート
衣装は黒シャツに蛍光カラ―のダウンベスト。メインでスタンドマイク。これも嵐と一緒に踊ってる人多くてさすがあらしっく。

◇summer splash!
ワイハ終わりでいつもの5人集合のかたち。揺れながらJ「まだまだ夏つづいてるよね!」S「そやね!そやね!」 さまァァァすぷらァァァァァァしゅぅっ!!!!! SANとMO分かれて外周。上手はMO。ハグして1回転するというラブラブっぷりを見せつけてきたさとじゅん。きゃああああ!!でもごめん、ほとんど反対側見ててごめん。そしたらにのちゃんが、潮風が消える前に〜♪のとこで、手をくいくいってやって来いよ来いよ!みたいな仕草してるの発見したんだ!!双眼鏡の中にその姿…ああ、夏よいつまでも…

◇Love Stuation
外周中間地点からスタート。Timeそのものでピンクの照明。ああ、なぜ、なぜSANはあっち側なの、なぜなの。さとじゅんのらぶらぶは十分わかったよ、ダンスのキレも知ってるよ、うわーん!← でも歓声が今まであんまり聞いたことない、嬉しさと懐かしさとが混じってるようななんとも言えない歓声ですごい覚えてる。 …なんで反対側なのSAN−−−−−−!!!←

◇ファイトソング
ソロ部分、潤くん投げチュー、智くんいつもの音痴w バクステから花道に分かれて…にのちゃんキタ―――――――!!!!!私の目の前にやっとキタ―!!!!!はああ、蛍光ピンクのダウンベストが金髪と相まってもう、もうズキュン。 似合ってる〜♪でグーサインする後ろ姿がまた可愛いのなんの。国立で肉眼で顔がみれる奇跡。

◇Friendship(相葉ソロ)バック嵐
水色スーツ。最初は相葉さん一人。赤のミッキーグローブなつかし超! この曲で一人は寂しいなァと思ってたら!花道から4人が!!!おそろい衣装で4人が相葉さんのもとへ!!そしてバックで踊る!ひゃあああかわいい。最後5人でセンステで円を書くように手ひらひらさせながらスキップするという…なんてメルヘン。

◇shakeit!(松本ソロ)バック嵐
私のメモ帳をそのまま書くと、「5人ダンスヤバーーーーイ!!!映像5人ヤバー――――イ!!こしこしこしこしこしこし」最後とても卑猥な感じですが、そのままですwwとにかくね、シェケですよ。スクリーンに腰ぐるぐるが映る度に悲鳴の国立。潤くんの腰がメインに映るわけだけど、その後ろに映るにのちゃんの腰にしか目がいかない私を許して…。だってだってエロいの← メインからセンターの花道で5人膝ついてのダンスは白目。ふぉぉぉぉぉぉぉ!! そして潤くんが4人と1対1で絡んでくとこ!!!!! 末ズ や ば い って!!!!ダ メ だって!!!!親子席目隠してーー!!ふぉぉぉぉぉぉぉぉおぉぉぉぉ!!! 発狂とはこういうことか。

◆ミニトーク
シェケ終わりでバック4人ゼぇゼぇ(笑)たんのしんでますか?のやり取り後、N「はあーシェケったね!」J「二宮さんのシェケハンパなかったね!」N「こんなにジュニアに感謝するコンサートないもんね」S「他の人のソロ踊ることないもんね」 潤くんが今回は挑戦だったみたいな話してる途中、大宮がシェケの振りで気にいったとこあるらしくふたりでお遊びw 「ラブシチュとか、メンバーのバックもアラフェスならではだね」って話してる中、改めてO「シェケるってたのしーんだね!」S「松本さんはわかんないかもしれないけど、シェケバン!ってときにバック嵐は煙にやられたからね」翔さんすごい顔(笑)

◇season
花道に散らばる。目の前潤くん。落ち着くわーこの曲ほんと。聞きたい曲だったから嬉しかった。潤くんすごいいい顔してたなー。

◇夏の終わりに思うこと
これも会場の歓声がラブシチュに似てた。季節的にもしっくりくるし、派手な曲じゃないけど全体のアクセントになる感じだったなあ。

◇Still…(カップリング1位)
花道の途中に動く歩道あって、逆行したり流れに乗ったりして、嵐メンの省エネと動く嵐がみたいという願いを叶える新装置w後半はセンターでロボット風なダンスあってこれも新鮮な感じ。5人縦並びのダンス時は、大宮前後で、後ろのリーダーの位置がにのちゃんに近すぎて、気づいたにのちゃんが「なに?」みたいに振りかえるシーンも。

◇T.A.B.O.O(櫻井ソロ)バック嵐
これ日中音漏れでわかってたからわあ!みたいのはなかったけどw風景と衣装演出は同じ。最後のげっだぁぁぁぁぁぁん!で嵐出てきてバックダンス。最後の最後5人で大の字wwミニスカで出てこないだけよかったよほんとにw

◇PIKA☆☆NCHI DOWBLE
大宮くっつくながらバクステへ

◇Troublemaker
バクステから聖火前ステージへ。山ふたりは離れてたので、やべ!と焦りながら無事ハートビート。その流れでなぜかガッツポーズw

◇エナジーソング〜絶好調超!!!!!(アルバム1位)
手拍子、レスポンス完璧。超!!!は逃さない。

◆トーク・雑誌WS取材
ガイドさんにMC文字起こししてあったんでここでは省略← ツボとしては,砲里△い領啣肇據璽僉爾い犬雖⊇瓩亮分の発言を自分で処理するテンションファンへのメッセージでつまるリーダーに耳打ちするにのちゃん、耳打ち求めるリーダーの小芝居
ファンが一緒に写真映れるように照明つけてくれたり、飽きないように声かけてくれたり、終始気遣い忘れない嵐メンがすごい素敵だったな。取材のときは5人でフォローしながら話してたのがすごく印象的。

続く俺フェスコーナー行く前、A「やっちゃいますかね@エナソン」やったのに笑う人が翔ちゃんしかいなくてA「これ翔ちゃんだけなのよ、好きなのw」そしてまた爆笑の翔ちゃんww雅紀の苦笑いがすごい可愛かったw

アラフェス0920セトリ

JUGEMテーマ:

とりあえずセトリだけUP。細かいツボは追々更新していきます。

――――――――――――――――
9月20日17:30開演

OP映像(アニメの女の子がアラフェス投票から会場に行くまでの流れを再現したもの)

Happiness
五里夢中
carnival night part2(FESTIVAL ver)
Love Rainbow
Step and Go

アニメ嵐がアラフェスの趣旨説明みたいなのをわちゃわちゃしゃべる映像

ワイルドアットハート
summer splash!
Love Stuation
ファイトソング
Friendship(相葉ソロ)バック嵐
shakeit!(松本ソロ)バック嵐

ミニトーク

season
夏の終わりに思うこと
Still…(カップリング1位)
T.A.B.O.O(櫻井ソロ)最後バック嵐
PIKA☆☆NCHI DOWBLE
Troublemaker
エナジーソング〜絶好調超!!!!!(アルバム1位)

トーク・雑誌WS取材

Green
HeyHeyLov'inyou
Gimmick Game(二宮ソロ)
Rain(大野ソロ)映像嵐

DJ×MJ
  Magicalsong
  大宮SKOSHI
  Ri(mark)able
  
La tolmenta2004
時計じかけのアンブレラ
One Love(オーケストラ・バラードver )
Truth(オーケストラ・バラードver )
5×10

シングルトップ10紹介

Face Down(シングル1位)
迷宮ラブソング
Oh!yeah
ハダシの未来
A-RA-SHI

あいさつ

感謝カンゲキ雨嵐(AAAアジアのアレンジver)

重大発表 アルバム・ツアー発表

アンコール1

言葉より大切なもの
Love so sweet
サクラ咲ケ

アンコール2
EYES WITH DELIGHT

  


 

愛のカケラ13コ目

JUGEMテーマ:
 
嵐☆祝13周年


というわけで。もう嵐も13歳、人間だったら中学生。うえーい。そう考えると短くはないよね、早かったかもしれないけど短くはない。その時間を着実に積み上げてきたからこそ今の嵐があって、その嵐に支えられてる私がいる。嵐に関連したことで悩むこともたまにあるけど、それも含めてというか、そんな悩み以上の幸せをくれるから、今までも、これからも、うしろを歩いていきたいなと。嵐はさ、走ってるけど、絶対置いていかないから。どっかで必ず待っててくれるから。そういう距離感大事にしたいね。でもそろそろおじさんだから、見合ったスピードにしてくれてもいいと思うけどw 

今日アラフェスのリハかなんかで5人集まって乾杯してたらいいな〜なんて妄想をめぐらす。

…うん、5人ともいい笑顔だね☆←




嵐、おめでとう。ありがとう。よろしく。 
続きを読む >>

calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
sponsored links
ツイッター
メールフォーム
メール、お問い合わせなどはこちらから
GANTZ
selected entries
categories
archives
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM